掲示板を作る: Viewの作成


最後にViewを作って完成です。

Controllerの返り値として「bbs/index」を指定しているので、templatesディレクトリの中にbbsフォルダを作ってその中にindex.htmlを作成します。

  • 10行目: th:eachを使うとリストから1つずつ取り出して、要素が生成される。この場合commentListから取り出した値はcommentとして参照できる。comment.nameでcomment.getName()が実行される。
  • 12行目: actionの代わりにth:actionを指定すると@{}を使ってURLを記述することができる。@{}を使うと、contextに応じたpathに書き換えてくれる。

実行例

BBS

H2コンソールで確認すると、idが自動的に割り当てられているのがわかります。

H2console2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です