NetBeansによるSpring Bootアプリケーションの開発

Gradleプラグイン

NetBeansで、[ツール]→[プラグイン]→[使用可能なプラグイン]を選択し、「Gradle Support」をインストールする。

プロジェクトの作成

http://start.spring.io にアクセスする。

1: 「Gradle Project」を選択する。

2: Groupを指定する。パッケージだと思えば良い。net.teachingprogramming.webapp

3: Artifactを指定する。アプリの名前だと思えば良い。webapp

4: 「web」と入力すると候補として「Web」が表示されるので、選択する。同様に「Thymeleaf」も選択する。

5: 「Web」と「Thymeleaf」が選択されていることを確認する。

5: クリックするとZIPファイルのダウンロードが始まる。

Spring Initializr

NetBeansで、[ファイル]→[プロジェクトをインポート]→[ZIPから]を選択し、ダウンロードしたZIPファイルを選択して[インポート]をクリックする。

NetBeans IDE 8 0 2

緑色のアイコンがついたプロジェクトが生成される。

アプリケーションの実行

webapp [root]を右クリックし、[Tasks]→[boot]→[bootRun]を選択すると、ビルド(コンパイル等)が開始され、ビルドが成功するとアプリケーションが起動する。
出力ウィンドウに次のように表示されれば起動完了。

Tomcatが8080ポートで起動しているのがわかるので、ブラウザでアクセスすると、エラーメッセージが表示される。これは、まだコンテンツを返すプログラムを作っていないために表示されるもので、正常な動作です。ブラウザのエラー(Chromeの場合は「このサイトにアクセスできません」と表示される)とは違うことを確認してください。

Localhost 8080

アプリケーションを終了するには、出力ウィンドウの左側にあるStopボタンをクリックする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です