Spring Bootによるウェブアプリ開発の基礎(5)


永続化(永続性を保つ事)について。

計算機科学における永続性(英: Persistence)は、データを生成したプログラムが終了してもそのデータが存続する特性を指す。この特性がない場合、データはメモリ上にのみ存在し、コンピュータのシャットダウン時など、メモリの電源が切られた時点で消失する。(Wikipedia: 永続性より引用)

Javaアプリケーションにおける永続化の方法

  • ファイル操作を行うAPI(クラス)を用いる。[教科書6章]
  • JSONで保存: Jackson
  • リレーショナルデータベースに保存
    • JDBC: Javaプログラム内でSQLを構成・実行する
    • JPA (Java Persistence API): JavaにおけるO/Rマッパーの標準的な仕様
  • リレーショナルデータベース以外のデータベースに保存
  • etc…

Spring Bootではデータの永続化のために、JdbcTemplate(JDBCを簡単に使える機能)やSpring Dataが利用できるようになっている。

テキストファイルの読み書き

PersistenceSampleController.javaのloadTextメソッドとappendTextメソッド

JPA

  • build.gradleに追加
  • Memo.java: エンティティーを作成する。
  • MemoRepository.java: JpaRepositoryを継承してリポジトリを作成する。
  • PersistenceSampleController.java
    • @AutowiredでDIする
    • findAllで取り出す
    • saveで保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です