DispatcherServletの設定


SpringのWeb MVCフレームワークは、所謂「フロントコントローラ」を採用しています。フロントコントローラがリクエストを適切なコントローラに渡し、コントローラが出力するデータをビューが表示するという仕組みです。

Mvc

SpringのWeb MVCにおける処理の流れ(http://docs.spring.io/spring/docs/4.0.5.RELEASE/spring-framework-reference/html/mvc.html#mvc-servletより引用)

そのフロントコントローラとなるのがDispatcherServletです。Application ServerへのリクエストがDispatcherServletに渡るように、web.xmlに設定します。

8行目から12行目でDispatcherServletをmvc-dispatcherという名前で登録します。13行目から16行目で、mvc-dispatcherがどのURLを処理するかを設定します。すべてのURLを処理するために「/」を指定します。

次に、DispatcherServletの設定ファイルを作成します。WEB-INFを右クリックしてSpring Configをクリックします。

Spring config

ファイル名は「mvc-dispatcher-servlet.xml」とします。これには下記の2行を追加します。

  • <context:component-scan base-package=”net.teachingprogramming.myfirstspringapp” />
  • <context:annotation-config />

1行目は、DI(Dependency Injection, 依存性の注入)を使うクラスをannotationに基いて自動的に追加する設定です。base-packageで指定されたパッケージ(及びサブパッケージ)にあるクラスを検索します。
2行目は各種設定をannotationで行うための設定です。これにより、各種設定をJavaのプログラムとして記述することができます。

追加した直後はcontextというネームスペースがないためエラーの状態になっています。カーソルを合わせてoption+enter(Macの場合)で追加してくれます。

Context

最終的にできあがるmvc-dispatcher-servlet.xmlは次のようになります。

まだパッケージを作っていないためエラーとなっていますが、後で作るのでこのままで大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です