Spring Bootによるウェブアプリ開発: オンラインメモ(アプリ開発例)

データベースのCRUD

前回は、掲示板のデータをデータベースに格納するように(永続化するように)改良した。そこでのポイントは以下の通り。

  • Javaでデータベースを扱う(接続する)方法の1つにJDBCがあり、Spring BootにおいてはSpring JDBCという仕組みが使える(他にも色々あるがまずはこれ)。
  • H2は組み込みで使えるデータベースで、Spring Bootから簡単に使える。ウェブインターフェースも使える。
  • データベースを操作するSQL
    • CREATE TABLE: テーブルを作成する
    • SELECT: テーブルからデータを取得する
    • INSERT: テーブルにデータを投入する。
  • 具体的には、JdbcTemplateのメソッドを使って、SQLを実行する。

データベースを使った永続化の扱いの基本はCRUDと言われている。
今回はオンラインメモ帳の開発を通してCRUDを一通り実装してみよう。また、Spring Bootにおけるウェブアプリ開発で使われる基本を紹介する。

ソースコード

ポイント

テーブルの作成

前回、テーブルの作成はH2のウェブインターフェースから行ったが、これもプログラムから実行できる。下記はテーブルを作成するプログラムであるが、「IF NOT EXISTS」をつけることによって、テーブルが存在している場合は実行されない(テーブルがない時だけ実行される)。これをコントローラのコンストラクタで実行している。(Lecture11Controller.javaの31〜39行目)

レコードの編集(更新)

レコードを更新するにはUPDATEを使う。更新するカラムを「カラム名 = 値」で指定する。WHEREで更新するレコードを限定する。(Lecture11Controller.javaの101行目)

フォームのデフォルト値

フォームのデフォルト値はほとんどの場合、value属性で設定することができる。これをTymeleafで設定するには「th:value=”${変数}”』をタグにつければ良い。ただし、textareaタグはタグによって挟まれたところ(textareaの子となるテキストノード)がデフォルト値となるので「th:text」を使う。

非表示でもフォームで送信

画面上に表示させないが、フォームで値を送信したい場合、type属性の値として「hidden」を指定する。(edit.htmlの14行目)

レコードの削除

レコードを削除するにはDELETEを使う。WHEREで更新するレコードを限定する。(Lecture11Controller.javaの110行目)

レコードの並び順

SELECTでレコードを取得するときには並び順を指定することができる。「ORDER BY カラム名 順番」を付加する。順番はASC(昇順)かDESC(降順)を指定する。(Lecture11Controller.javaの48行目)

改行を含む文字列の表示

HTMLにおいて改行はスペースと同様の扱いになる(基本的には。例外はpreタグ等)。このため改行がある場合は、brタグを挿入する等の処理が必要である。色々な方法が考えられるが、今回のコードでは下記のような処理を行なっている。

  • Note.javaにフィールドbodyを改行区切りのListで返すメソッドを追加(Note.javaの20〜33行目)
  • テンプレートでは1行づつ取得し、行末にbrタグを付加して表示(view.htmlの19〜21行目)

リンクの動的な生成

index.htmlでは操作に関するリンクを動的に生成している。

URLの一部を変数として扱う

マッピングの指定(@GetMapping、@PostMapping、@RequestMapping)で「{}」を使うと、その部分を変数として利用することができる。

Lecture11Controller.javaの117行目を見てみよう。ここでは「/view/{id}」となっている。これは、/view/1や/view/2といったURLに対応する。
「{id}」の部分を取得するには、メソッドの引数に、カッコ内と同じ文字列(ここではid)を指定して@PathVariableアノテーションを付加する(Lecture11Controller.javaの118行目)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です