Spring Bootによるウェブアプリ開発: コレクション(2)


辞書を作る: Mapの利用

Mapとは

  • 「キー」と「値」をペアで扱うコレクション(Listは値だけを扱う)
  • キーはユニーク(unique、唯一の)になる。同じキーで違う値は登録できない。
  • キーと値を保存するにはputメソッドを使う。
  • キーで検索して値を取り出すにはgetメソッドを使う。
  • Mapはインターフェース。Mapを実装したクラスとしてはHashMapがよく使われる。
  • 教科書P.215〜227

Mapを利用する例として、次の機能を持つ辞書アプリを作ってみよう。

  • 英語をキー、日本語を値として登録できる。
  • 英語から日本語を検索できる。
  • 登録されたデータ一覧を見ることができる。

登録

  • コントローラ、22行目: 辞書の情報を格納するHashSetをフィールドとして定義する。
  • コントローラ、37行目: putメソッドでMapに登録する。

検索

  • コントローラ、55行目: getメソッドでキーから値を得る。登録されていない場合はnullが返ってくる。

一覧

  • テンプレート、24行目: keySetメソッドでキーのSetを取得する。Setについては教科書P.205〜214を参照。
  • テンプレート、26行目: getメソッドでキーから値を得る。

資料

ソースコード
オンラインドキュメント
教科書

  • Map: P.215〜227
  • Set: P.205〜214

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です