Map(コレクション)の基礎

前回のまとめ

  • 「コレクション」とはデータの集合のこと。Javaではコレクションを扱うためのコレクションフレームワークが標準で含まれている。
  • Listは順序性があるコレクション
  • 教科書: P.178, P.190-200
  • サンプル
  • Thymeleafで繰り返し処理はth:eachを使う。Javaの拡張for文のようなものと思えば良い。

Spring Boot 2.0.2

Spring Boot 2.0.2がリリースされた。
自分のプロジェクトもupdateしよう。build.gradleを書き換えればよい。


JavaのMapの基礎

英和辞書を作ろう

ポイント:

  • テンプレート:
    • 共通部分はth:fragmentで定義し、th:include等で呼び出すことができる。Thymeleaf 3からはth:includeは非推奨とのことなので、th:insertかth:replaceを使おう。
    • th:ifを使うと条件によって表示することができる。
  • コントローラ:
    • 辞書を表すマップをコントローラのフィールドとして作る。インスタンス化が必要なことに注意する。
    • マップにキーと値を追加する(27行目)。
    • マップから値を取得する(38行目)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です