Glassfishへのdeployと実行


メニューの[Run]→[Edit Configurations]から、 Glassfishへのdeployと実行の設定をします。

+をクリックして、[Glassfish Server]→[Local]を選択します。

Run1

Before launchのBuildは、次でArtifactを設定すると自動的に追加されます。

Run2

設定済みのArtifactを指定します。OKをクリックして設定完了です。

メニューから[Run]→[Run ‘アプリケーションサーバ名’]をクリックすると、Glassfishが起動し、WARファイルがdeployされます。deployが成功するとブラウザが開きますが、そこはまだ設定がされてないのでエラーになります。URLをhttp://localhost:8080/myfirstspringapp/sample1にすると、ページが表示されます。

Sample1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です