コントローラからビューに値を渡す

コントローラからビューに値を渡す方法(の1つ)に、ModelMapを使う方法があります。

メソッドの仮引数に、ModelMapを指定することで使えるようになります。

ModelMapのaddAttributeメソッドで、名前と値を指定します。ここでは、messageという名前で「こんにちは」を、diceという名前で1〜6の範囲の乱数をビューに渡します。

ビューでは、要素の属性としてth:textを追加します。属性の値は${名前}で指定します。これにより、要素の子要素(タグで囲まれた部分)がコントローラーから渡された値で置き換わります。

Sample2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です