Lombokの利用


Lombokは所謂「boilerplate」なコードを自動生成することができるライブラリです。IDEでもコード(例えばgetter/setter)を自動生成することができますが、コードの追加・変更・削除に応じて自動生成し直す必要があり、少々面倒です。Lombokを使うことによってboilerplateなコードを書かなくてすむようになります。LombokのメリットについてはJavaでIDEのアクセッサ生成よりlombokを使ったほうがいい理由が参考になります。

IntelliJの設定

Lombok Pluginをインストールします。メニューから[Preferences]→[Plugins]→[Browse repositories]からインストールできます。

プロジェクトの設定では[Compiler]→[Annotation Processors]の[Enable annotation processing]をonにします。

Preferences

build.gradle

Lombokを利用するプロジェクトのbuild.gradleには次の行をdependenciesに追加します。

これでLombokが使えるようになります。

※上記ではcompileでLombokを利用するようにしていますが、実行時にLombokは必要ないので、本来はmavenにおけるprovidedと同様の動作となるようにするのが適切です。ここでは(手を抜いて)compileで指定しています。mavenのprovidedと同様の動作にするには、例えばWhich is the proper Gradle plugin to support ‘provided’ method?に書かれている方法等があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です